テレフォンセックスの行い方

テレフォンセックスを楽しむためには、ある程度テクニックが必要になります。顔が見えずに声だけでのやり取りになるので、声だけで相手を興奮させるためにはどうすればよいのか、テレフォンセックスにどのように持っていくのかを紹介します。
テレクラを使えばテレフォンセックスしやすいのですが、そうでない場合にはいきなりテレフォンセックスをしようと誘っても、乗ってくる人はそう多くありません。

  1. 会話をして盛り上がってから誘う
  2. テレフォンセックスをしやすい環境を作る
  3. 相手をリラックスさせる
  4. ゆっくりと焦らす

こういった流れでテレフォンセックスを行うと、相手も満足してくれる可能性が高いでしょう。

いきなり誘うのはよくない

テレクラはテレフォンセックス目的で利用する人が多いので、いきなり誘っても成功する可能性は高いでしょう。しかし、付き合っている相手や夫婦で行う場合には、いきなり誘っても成功する確率はそう高くありません。まずは会話をすることが大切になります。
会話が盛り上がってきたら下ネタなどを盛り込み、さらに部屋を暗くしてみてなどの会話を行うと、よい環境を作ることができるのです。このような状態まで持ち込めれば、テレフォンセックスに応じてくれる可能性も高いでしょう。逆に女性から誘う場合には、比較的応じてくれる男性は多くなっています。

リラックスと焦らしが基本

テレフォンセックスというのは、実際のセックスよりもテクニックが必要になります。なぜなら声でのみのやり取りになるからです。相手が応じてくれたら、いきなり激しい言葉を言うのはよくありません。まずは相手をリラックスさせてあげましょう。
それからじっくりと焦らすのも効果的です。女性の方から刺激してほしいと言って来るぐらいまで焦らしてから激しい言葉で攻め立ててみましょう。ただし、怒鳴りつけたり命令口調で話すのは逆効果です。

関連する記事