テレフォンセックスにもつながるテレクラの会話のコツとは?

テレフォンセックスもいいけれど、テレクラで出会いたい。
出会いのツールとして、テレクラを利用される方は少なくありません。

重要なポイントになるのは、やはり会話です。
出会い系サイトとは違い、メールでのコミュニケーションではありませんから、リアルタイムのやり取りになるわけです。

非リアな方は特にここに高いハードルを感じる方も多いことでしょう。
ここでは会話のコツを紹介しましょう。

丁寧にマナーを守ること

挨拶をきっちりとする。
まずは敬語で話し、最初の内は、なるべくそれを崩さず、決して乱暴な言葉遣いなどにしない。

これは基本中の基本です。
逆の立場になって考えてみましょう。
いきなりタメ語で、しかも「キモイ」を連発するような女性と、あなたは会う気になるでしょうか。

顔が可愛かったとしても、それは会ってもないから、分からないことです。
その上で実際に会ってみたら、ひどいブサイクという場合には、目も当てられませんから、そういったリスクを回避するためにも、会うことを躊躇う方は多いもの。

女性も男性のこのような考えとほぼ同様です。
ですから、最低限のマナーは守って会話をすべきでしょう。

自分の話ばかりをしないこと

これは面と向かったコミュニケーションの場合でも、下手くそな方がしてしまいがちなミスですね。

とにかく自分の良いところをアピールしなければと、聞かれてもいないのに、どんどんと自分の話をしてしまう。

挙句、それが自慢話に聞こえたり、過去の武勇伝の披露になってしまっていませんか?
もしもそうなら、女性が一番おもしろくないと思っている会話の内容になっていますから、当然に会いたいとは思ってくれないのです。

基本的に話の割合としては、聞き役7、話し手3くらいの割合で質問を中心に会話を組み立てましょう。

関連する記事