テレフォンセックスではなく、テレクラでナンパをするコツ

テレクラをテレフォンセックスのみならず、ナンパ目的で利用されることは非常に多いものですね。
しかしながら、いざ利用をしてみると、なかなか会話を上手に出来なかったり、出会いまでに持っていくことが出来ないと悩む方もいらっしゃいます。

ここでは、テレクラナンパのコツを紹介していきましょう。

実際のナンパと電話ナンパの違いとは?

ナンパは、街角で声をかけるといった方法でも、電話でのナンパでも、根本的にやり方は一緒です。

好みの女性に声をかけ、コミュニケーションを取ってアプローチをしていくといったものです。

しかしながら、電話の場合と実際に街角などで行う場合では決定的に違うものがあります。
それは姿形が見られないという点。

それ以外では、実際のナンパでも、電話ナンパでも変わりません。
ただしこれこそが大きな違いなのです。

安心感を与えることが大事

なぜ顔が見えないことが大きいのか?
それは相手の警戒心を高めてしまうからです。

人は視覚から得られる情報を何気に重要視するもの。
第一印象に至っては、その70パーセントが視覚から得られる情報に頼っているという状況です。

しかしながら、逆に言ってしまうと、視覚情報がないため、先入観を持たれることがなくなるというメリットもあります。

このポイントさえ知っておけば、電話ナンパでのアプローチの仕方が見えてくるのではないでしょうか?

言葉遣いや話す配分に気をつけておくこと。
そして安心感を与えることが何よりも大事なのです。

だからといって「俺は全然安全な人間だし、信用して下さい!」と言っても信用はしてもらえません。

会話のスピードを相手に合わせ相槌を打つ

安心感を与える方法として、まず会話のスピードを相手に合わせることです。
そして相槌を打つことで優しさや気遣いといったものを自然と相手が感じてくれ、安心感を持つのです。

関連する記事